スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナ共和国に変貌するウクライナ

10月25日に行われたウクライナの地方議会選挙は、当然のごとく、親露派が人民共和国を名乗り、実効支配するドンバス地方のドネツクとルガンスクでは選挙実施の兆しすら感じられなかった。

また、親露派の多い地域、例えばKrasnoarmeyskとSvatovoでは投票が中止された。親露派地域の利害を代表する議員がいなければ、遠からず紛争は拡大せざる得ない。

それ以外の親欧米派の支持率だが、大統領を務めるポロシェンコ・ブロックは24.15%、極右のスボヴォダは12.74%、元首相を務めたティモシェンコ・ブロックは11.46%と鼎立の様相を見せている。いずれの親欧米派勢力も主導権を握れずに、内政と外交の混乱が続く、と思われる。

ウクライナ政府は、欧米とロシアの間で敵対と妥協を繰り返しながら、経済援助と投融資を引き出すしかないだろう。

ともあれ将来的には、親欧米派がポーランド・リトアニア共和国やオーストリア=ハンガリー二重帝国の旧領域と、親露派がウクライナ・コサックの故地とクリミア・ハン国の旧領域に分割されるのではなかろうか。

They’re Brawling at the Polls in Ukraine 10.26.155:45 PM ET The Daily Beast

親露派と親欧米派、さらに親欧米派も一枚岩ではない政治的混乱のなかで、ウクライナの経済的基盤が壊れ始めている。特にウクライナ危機に伴って、旧ソ連時代から継承されてきた軍需産業とその企業が破綻の危機に晒されている。

下記の記事に挙げられているPivdenmash(Yuzhmash、ユージュマシュ)社は、その象徴的実例であろう。バイコヌール宇宙基地で打ち上げられるロケットやミサイルを製造する、この国営企業の苦境はウクライナで最も有望な産業クラスターの破滅を意味している。

国破れて山河あり、ではないが、近代国家はたとえ一敗地にまみれても軍需産業だけは守らなければならない。

ドイツ帝国が敗れたあとのワイマール共和国は、ホーエンツォレルン家の帝冠、バイエルン、ザクセンなどの王冠が失われることは傍観したが、極右と極左に翻弄されつづけたエーベルト大統領にしても軍部と軍需産業は守り抜いた。

昨今の我が国でも、日産自動車がルノーに買収される際に、(それとは明示されなかったが)政治的理由から、日産自動車の航空宇宙部門(現在のIHIエアロスペース)は、石川島播磨重工業(現在のIHI)に売却された。

一度、滅びた軍需産業、航空宇宙産業の再興にはつくり上げるのに掛かったのと同等かそれ以上の時間を要する。第2次大戦後、自国の航空機製造を禁止された企業と技術者の多くは、新幹線や国産ロケット、自動車の開発に携わったが、航空機では往時の栄光を取り戻せなかった。

そして“戦後レジームからの脱却”が果たされた現在でも、三菱航空機のリージョナルジェット「MRJ」(エンジンはP&W)、川崎重工業の哨戒機「P-1」(エンジンはIHI)、Honda Aircraft Companyのビジネスジェット機「ホンダジェット」(エンジンはGEとの合弁)を見る限り、航空機のエンジンでは未だ劣位にある。

さて、Pivdenmash(Yuzhmash、ユージュマシュ)社に代表されるウクライナの軍需産業の今後だが、破綻した企業の設備や人員がロシアや中共に流出していくだろう。特にモトール・シーチ(Motor Sich)社から、軍用ヘリコプターのエンジンを供給されていたロシアにとっては、政治的理由によるサプライチェーンの途絶は死活的な問題でもあり、多少強引でも人材の引き抜きが横行するのは間違いない。大型輸送機のアントノフ(Antonov)社もおそらく同様の憂き目に遭っているだろう。

Ukrainian space and missile industrial giant is on the verge of bankruptcy Jul 24, 2015 Strata Forum

さて、ウクライナの民生は悪化の一途を辿っている。2010年~2013年と2014年~2015年を比較していくと、GDPは+10%と-15%、消費者物価は+1%と+70%、外貨準備高は、200億ドルと70億ドル、政府債務はGDPの40%とGDPの100%、産品の輸出は+60%と-50%となっている。

もともとウクライナの航空宇宙産業はロシアとサプライチェーンを築いていたが、旧ソ連の崩壊後、大型民間航空機の分野では欧米のボーイングとエアバスが全世界にサプライチェーンを拡げて、シェアを二分するに至った。

この事例に倣うならば、ウクライナの産業全般がいずれの側のサプライチェーンからも疎外され、バナナのような単一作物をつくるような「bananization」に陥るのではないか、かつての中南米諸国がバナナ・リパブリック(バナナ共和国)と揶揄されたような産業構造に転落するのではないか、と下記記事は伝えている。

Ukrainian economy after a year of "reforms": Banana republic without bananas 7/5/15 Fortruss

(段落省略)

All the industrial complexes, as well as some key areas of infrastructure, have already closed or are on the verge of default and bankruptcy: Yuzhmash, Zaparozie car factory, Sumy factory complex, Antonov plane manufacturer, TurboAtom, Motor Sich, Kharkov Tractor plant, ElectroTyazhMash, etc. etc [huge companies, like GM or Boeing in the USA - ed.]. The metallurgical complex "MetInvest", owned by Ahmetov, which unifies the leading metallurgical companies, declared default back in April.

(段落省略)

Of course I don't expect to convince imbeciles of anything, but this high-tech industry exemplifies the degradation of what used to be Ukrainian economy and economic / industrial might. After the collapse of the Soviet Union there were only three countries in the world which were capable of designing and independently building heavy civilian and military transport planes: USA (Lockheed Martin), Russia (OAK) and Ukraine ("Antonov").

Despite the fact that Ukraine had unique capabilities in producing passenger and cargo civilian airplanes, the production of aircraft has quickly dropped to less than one-tenth of former capacity, for some kinds – less than one percent.

By 2000s, Ukraine could produce at most two aircraft a year – and even that was accompanied by huge problems, constant government supervision, and huge subsidies from state budget. World aviation industry was developing exclusively in the direction of growing monopolies (mergers and acquisitions).

Centralized planning and economies of scale, controlled by supposedly commercial corporations (although those are, ultimately, controlled by national governments), turned out to be necessary for surviving and staying competitive on the world market in this high-tech era, where victor is the one who can concentrate the most expertise and industrial capacity in his hands.

The costs are extremely high, and staying competitive requires not just large, but gigantic super-scale production. Currently, the "Boeing" airliners are being made across eight countries, even if they are technically "made in the USA" (some parts and alloys are even provided by the Russian aircraft industry).

European "Airbus" is a work of 16 countries (mostly Germany, France, Italy and Spain). So while these mergers and acquisitions of Western aerospace corporations and industrial capacities were going on... Ukrainian aircraft industry broke off their segment from a larger whole and went looking for mythical "Western investors".

(段落省略)

After the Union's collapse, this market was divided between the victors, and countries like Ukraine, with its fractured industry, have no hope of catching up. So basically the village idiots that came to power in newly independent fragments of the Union chose fairytales over scientific and industrial integration with the rest of industrial base, preferring to believe that the West will come and throw money at them.

And while they were waiting, the lion's share of the world market has passed under control of the two aforementioned megacorporations – Boeing (49% of sales) and Airbus Industries (43%).

So now they reap all the rewards, and all the other countries combined produce only 8% of the world's aircraft. That's what "bananization" looks like in practice - first world gets high-tech monopolies, the rest are divided and get to grow bananas for minimum wage.

(以下省略)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

vanshoo

Author:vanshoo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。