スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人口密度の高さが銃乱射を引き起こすならば

米国における銃乱射事件の発生比率と人口の相関関係を示すAFP電の記事。

人口2位のカリフォルニア州は1年間で全米ワースト2位となる25件の銃乱射事件が起き、人口3位のフロリダ州はワースト1位の27件。

一方、銃乱射事件が起きていない州は、ハワイ州、ニューハンプシャー州、ノースダコタ州、ウエストバージニア州、ワイオミング州であり、それぞれ人口密度が低い。

つまり、銃乱射事件の横行を防ぐためにはどうするか。

ひとつは人口動態の面からは人口密度を低くする。ひとつは人口密度を低く出来ないならばゲーテッド・コミュニティを形成を促進することだろう。

異なる人種、異なる階層、異なる宗派間の接触を減らして、学校や病院など公共施設の立地もゲーテッド・コミュニティの中で完結させるしかないだろう。

同化による心理的抑圧、人間関係の摩擦そのものが銃乱射とテロを引き起こすならば、集住と隔離を徹底するしかなくなる。

全米で今年、銃乱射ないのは5州 2015年12月13日 17:20 AFP BB NEWS

【12月13日 AFP】銃乱射事件が相次いで発生している米国で今年、こうした事件が発生していない州が5州ある。専門家らは、それが偶然によるものか、それともなにか理由があるのかを議論している。

 銃撃事件の統計を掲載しているウェブサイト「shootingtracker.com」によると、12月2日の時点で、220都市で353件の銃乱射事件が発生し、462人が死亡、1317人が負傷した。

 集計は、4人以上が死亡または負傷した事件を基にしており、カリフォルニア(California)州サンバーナーディーノ(San Bernardino)で今月発生した、夫婦が銃を乱射し14人が死亡、22人が負傷した事件も含まれている。

 銃乱射事件が起きていない州は、ハワイ(Hawaii)、ニューハンプシャー(New Hampshire)、ノースダコタ(North Dakota)、ウエストバージニア(West Virginia)、ワイオミング(Wyoming)の5州。

 さらにウエストバージニア州を除く4州では、同サイトが当局の公式発表ではなく、メディアの報道やその他の情報筋から入手した情報を基にした集計結果を掲載し始めた2013年以降、一件も銃乱射事件が起きていない。

 専門家らは、こうした州で銃乱射事件が起きていない理由の一つとして、人口密度が低いことを挙げている。3880万人と最も人口の多いカリフォルニア州では今年、2番目に多い25件の銃乱射事件が発生。最多となる27件が発生したフロリダ州は、人口1990万人と、全米で人口が3番目に多い州だ。(c)AFP/Shahzad ABDUL

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

vanshoo

Author:vanshoo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。