スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベラルの世界秩序に亀裂が入る

ニューヨーク・タイムズのコラムニストRoss Douthat氏は2015年を振り返り、ベルリンの壁崩壊から25年を経て、リベラルの秩序に亀裂が入った、と述べている。

欧州統合や難民受け入れを唱える一方で、プーチン大統領率いるロシアと中国共産党とムスリムの攻勢にさらされているリベラルは、その脆弱性ではなく、強靭性が問われようとしている、と。

最後にはリベラルの強靭性が勝るとコラムニストは信じているようだが、現時点ではリベラルの既成政党を挟んで極右と極左、ポピュリストと分離独立主義者の新政党が欧州各国の2015年の議会選挙などで台頭して、欧州連合の統一の夢を脅かしている。

北米から鳥瞰する立場からでもこの事実は動かせないようだ。では、欧州各国の2015年の動きを振り返って見よう。

まず、欧州債務危機によって経済が縮小していく南欧では概ね極左が台頭している。

2015年1月と9月に行われたギリシアの総選挙では、極左で反グローバリズムを唱える急進左派連合(Syriza)が第1党であり、政権を担い続けている。

2015年12月に行われたスペインの総選挙では王政復古以来の二大政党制が崩れ始めた。中道右派の国民党と中道左派の社会労働党いずれも過半数に達せず、左翼のポデモスとポピュリストのシウダダノス、そしてカタロニア独立を図るカタルーニャ共産主義左翼などの分離主義者が票を伸ばした。

次いで、難民危機に見舞われた中欧諸国では、それまでドイツに反旗を翻してきたハンガリーにとどまらず、各国で右派が台頭してきた。

2015年12月に行われたポーランドの総選挙では大統領選に続いて、保守・中道右派に属する「法と正義」が上下両院の過半数を制した。右傾化と欧州連合(EU)に対する懐疑的姿勢が顕著になり、首都ワルシャワでは政権に対する抗議デモが起きた。

ドーバー海峡を隔てて、ユーロ圏に属さず、さらに欧州連合からの脱退が取り沙汰される英国ではどうだろうか。

2015年5月に行われた総選挙では予想に反して、保守党が過半数を維持して、分離独立を訴えるスコットランド国民党が労働党の地盤を奪った。惨敗した労働党は、サッチャリズムとニューレイバー路線を全否定する強硬左派(ハードレフト)のジェレミー・コービンが新党首となった。

ドイツとともに欧州連合の核となっている2015年のフランスは難民危機とパリ同時多発テロに見舞われた。2015年12月の地域圏議会選挙では国民戦線の第1党進出を防ぐために社会党が第2回投票から降りて、サルコジ前大統領率いる共和党を中心とする右派連合が13地域圏のうち7地域圏で過半を制した。しかし、二大政党の一翼を担うはずのサルコジ前大統領は新自由主義的傾向から、その支持率は低迷したままだ。

従来、難民に寛容で多文化主義の牙城であった北欧諸国ではどうだろう。

スウェーデンでは、移民制限を訴えたスウェーデン民主党が2014年総選挙で49議席と躍進した。彼らは定数349、過半数175の議会で一挙にキャスティングボートを握り、政権与党の予算案を否決したために、2015年3月22日に56年ぶりの解散総選挙を行う、と定まった。しかし、2014年12月に中道左派と中道右派の間で事実上の大連立合意ができて、スウェーデン民主党を議会の合意形成プロセスから排除するという枠組みがつくられた。にも関わらず移民制限の主張は浸透し始めている。

2015年6月に行われたデンマークの政権を担っていた中道左派連合を中道右派連合が破った。中道右派連合とその政権は、移民制限の急先鋒であるデンマーク国民党を含んでおり、難民危機に際してレバノンの新聞に「この小さな北欧の国は難民を歓迎しません」という広告を出稿した。

ノルウェーでは2011年7月にオスロ及びその郊外で、移民推進派の労働党の青年部会を狙った銃乱射・爆破テロが起きている。2013年9月の総選挙では移民制限を訴える進歩党の属する中道右派連合が勝利して、政権を獲得した。難民危機に際しては移民担当大臣を新設して、移民制限の実効性を高めようとしている。

上記のコラムニストは締めくくりに、労働党のジェレミー・コービンが英国の首相とはならない、国民戦線のマリーヌ・ル・ペンが大統領とはならない、欧州連合はバラバラにはならない、と楽観的である。また、自国でもトランプ氏が大統領の座を獲得しないと信じているようだが、欧米の中心部と周縁部で起きている分裂と闘争に、リベラルが和解をもたらす妙案を持ち合わせているとまでは云えないだろう。

Cracks in the Liberal Order DEC. 26, 2015 The New York Times

IN the twenty-five years since the fall of the Berlin Wall, the architecture of liberal modernity has looked relatively stable. Not flawless or wonderful or ideal, to be sure; not free of discontents and decadence. But it’s been hard to imagine the basic liberal democratic capitalist order cracking up, let alone envision what might take its place.

Through the dot-com bust, 9/11, the Iraq war, and the financial crisis, it was striking how consensus held, how elites kept circulating, how quickly populist movements collapsed or were co-opted, how Washington and Brussels consolidated power even when their projects failed. No new ideological movement, whether radical or reactionary, emerged to offer the alternative to liberalism that fascism and Marxism and throne-and-altar traditionalism once supplied. And no external adversary, whether Putinist or Islamist or Chinese, seemed to offer a better way than ours.

Here in the dying days of 2015, though, something seems to have shifted. For the first time in a generation, the theme of this year was the liberal order’s vulnerability, not its resilience. 2015 was a memento mori moment for our institutions — a year of cracks in the system, of crumbling firewalls, of reminders that all orders pass away.

This was especially true in Europe, where for generations the parties of the center have maintained a successful quarantine against movements that threatened their dream of continental integration — be they far-right or far-left, nationalist or separatist.

On the Eurozone’s periphery, in Greece and Hungary and now in Poland, that quarantine is dead. But in 2015 it began to weaken in the European core. Elections in Great Britain empowered Scottish Nationalists, handed the Labour Party back to crypto-Marxists, and raised the odds that the United Kingdom could depart the European Union or dissolve. Elections in France kept Marine Le Pen’s National Front out of power — but by a narrower margin than ever before. Elections in Spain empowered both the populist left and Catalan separatists. And in Sweden, that blessed end-of-history paradise, the most popular political party was suddenly the Sweden Democrats, whose roots are in homegrown fascism.

Europe’s extremes gained, in part, because in 2015 the center was unusually feckless. Angela Merkel’s decision to open Germany’s borders to a million Middle Eastern refugees earned her the praise of her globalist peers. But it also pushed a fast-forward button on long-term trends threatening the liberal project in Europe — the challenge of Islam, the pressure of migration from Africa, the danger of backlash in countries with little experience of mass assimilation.

In the process, Merkel handed ammunition to the argument, expressed in artistic form in Michel Houellebecq’s novel “Submission,” that late-modern liberalism might have a certain tendency toward suicide. And she did so at a moment when both the Islamic State and Vladimir Putin’s Russia were supplying evidence that the liberal project can be at least temporarily defied.

Yes, ISIS probably won’t endure, and Putin’s ambitions exceed his grasp. But by pulling volunteers from Western countries and inspiring terrorists from Paris to San Bernardino, the would-be caliphate has provided a new template for revolts against modernity. And by playing power politics in his near abroad and the Middle East, Putin has helped make the Pax Americana look more fragile than at any point since 1989.

Meanwhile, in the American heart of that neoliberal imperium, were it not for Donald Trump the big political story of the year would be the emergence of a new New Left — visible in the continued potency of Black Lives Matter, the turmoil on college campuses, and the appeal of an avowed socialism on the Democratic Party’s campaign trail.

Except that Trump is the big story, and deservedly. His mix of reality-TV shamelessness, European-style nationalism and boastful authoritarianism might be a genuinely new thing in U.S. politics. And the fact that so many disaffected voters find it attractive is a revelation, an objective correlative to polls showing declining faith in democracy, and a window, perhaps, into a more illiberal politics to come.

Now: Trump will not be the Republican nominee (yes, really). Bernie Sanders won’t beat Hillary. Far-left antics at Amherst and Oberlin and Claremont McKenna and Yale are not as significant as elite college graduates like to think.

In Europe, Jeremy Corbyn probably won’t be Britain’s next prime minister, Marine Le Pen probably won’t be France’s next president, Sweden probably isn’t about to turn fascist, the E.U. probably isn’t about to break apart. Houellebecq’s vision of an Islamified Europe, like ISIS’s vision of a new Islamic empire or Putin’s Stalinist nostalgia, is more a resonant fantasy than a plausible atlas of the future.

It’s still wise to bet on the current order, in other words, and against its enemies and rivals and would-be saboteurs.

But after liberalism’s year of living dangerously, for the first time in a long time it might make sense to hedge that bet.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

vanshoo

Author:vanshoo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。